読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Border Collie 鶴千代

ボーダーコリー鶴千代と日々の記録

しつけ教室に行きました

鶴千代 しつけ・問題行動・困りごと
朝から元気いっぱいの鶴千代さん。
f:id:popo330tama:20160424203857j:image

この日はしつけ教室に行ってきました。
教室についてトレーナーのお姉さんと初対面の瞬間、ちょっとビビりつつも尻尾はしっかり振りまくり(⌒-⌒; )
そして、恒例の嬉ション…(^◇^;)

まず今の鶴千代の問題点は2つ
1. 散歩の引っ張り
2. 甘噛み

2点をトレーナーさんに相談し、この日はリーダーウォークホールドスチールアタッチメントを教えてもらいました。


------------------
  • リーダーウォーク
飼い主のスピードに合わせて歩く訓練です。
犬が少しでも飼い主の前に出たり、リードを引っ張ったりした瞬間、こちらも強くリードを引きます。

まずは、トレーナーさんがお手本をしてくれたのですが、、、
鶴千代、トレーナーさんにリードを引かれても何しても、嬉しくて嬉しくてピョンピョンピョンピョン跳ねまくり…
トレーナーさんのつけてる手袋が気になりすぎて、これまた飛びつきまくり…
トレーナーさんも思わず苦笑い😂

何とかお手本を見せてもらい、いよいよ私の番です。

これがなかなか難しい…
10キロの子犬のくせに、鶴千代はかなり力が強く、リーダーウォークも一苦労💦
もっと強く引いて!と何度もトレーナーさんに注意されました😂


  • ホールドスチール
ホールドスチールとは犬を後ろから抱え込むことです。
これにより、犬は誰がリーダーが誰なのかを理解し、また信頼関係を作るのにも役立つそうです。
更にそのままマズルコントロールをやりました。

これは初めかなり抵抗されました。
押さえつけるとキャン!と悲鳴が💦
それでも押さえつけるよう注意されました。
その悲鳴でやめると、何でも悲鳴をあげればやめてもらえると犬が学習してしまうそうです。
別に痛いはずもなく、ただ子犬の精一杯の抵抗ということらしい。


  • アタッチメント
これは犬の耳や肉球・尻尾・歯などの身体の先端を触る練習です。
犬が基本的に触られるのを嫌う部分ですが、飼い主が触ることで服重心が生まれ、信頼関係を深めることになるそうです。
また、普段から習慣にしておくと、病気や怪我の早期発見につながり、病院での獣医さんの診察もやりやすくなる、とのことでした。
耳掃除や爪切りの時にも、この体勢だとやりやすいですね。

これまた暴れますが、しっかり固定。
自分から起き上がらせないようにと注意されました。

最終的にはアタッチメントの最中に犬が寝始めるのが1番いいことだそうです。

------------------


ホールドスチールとアタッチメントはテレビを見ながらでもいいので、毎日行うように!
甘噛みされたらすぐ、ホールドスチールを行う。
引っ張り癖については、散歩時に犬を自分より前に出さないよう根気よく続けるよう…とアドバイスいただきました。


そして、鶴千代の性格についてもアドバイスが…
「ビビリかと思ったけど、結構しつこい!めげない!懲りない!褒めすぎる嬉しくなりすぎて何褒められてるのか忘れる

あ〜、、本当に全くもってその通りでございます…
マジで本当にしつこい!というか諦めが悪いんですよね…
一度気になり始めたら、どんなに怒っても取り上げても絶対に諦めない。どんだけ叱られようが懲りない。本当にしつこい女なのです…
そして、かなりのお調子者という、、、

さすがプロは違うわ。
1日たった1時間少し見ただけでその子の性格がわかるのですね。
本当、トレーナーさんも苦笑いするはずだよ…
トレーナーさんに怒られちゃった時もぜ〜んぜん懲りない…見ている私たちがどんだけ恥ずかしかったか…(⌒-⌒; )



でも、素人の私たちにとって、とても勉強になりました!
これからも頑張って学んだことを続けていきましょう。